たこたま明石風……?

お食事処・居酒屋 兼広

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 彦根市 2009年6月14日更新

兼広の「たこたま明石風」

 たこ焼きは、そのルーツを辿ると明石焼きに辿り着くらしい。なんでも、江戸時代後期、タコを卵の黄身でくるんで焼いた料理が明石地方で考案され、昭和になってから、それを元に大阪で生み出されたのがたこ焼きだそうだ。
 個人的な話だが、この辺りで明石焼きといわれて真っ先に思いつくのが、彦根市立病院近くの食事処兼居酒屋「兼広(かねひろ)」だ。
 マスターの鈴木勝治さん(57)は、かつてレストラン「輪ごん」の料理長を数年間、務めた人である。「輪ごん」と聞いて、懐かしく思い出す人も多いだろう。鈴木さんがそれまでの経験を活かし、学生と地域に向けた食堂として始められたのが兼広である。
 ボリュームのある定食や旬の食材を使った料理が楽しみで、何度となく通っているのだけど、なかでも僕がかなりの頻度で注文するのが夜メニューの「たこたま明石風」だったりする。ホッとする優しい味なのだ。
 見た目は、いわゆる明石焼きで、蛸を入れた黄色い球を適温のスープにくぐらせていただく。程よい温もりとふわふわとした食感が面白く、ご飯はもちろん、お酒にも合う。何故、明石焼きではなく、明石風なのか……。
「元々、たこ焼きよりあっさりとした明石焼きが好きで、お店のメニューに加えました。本場の明石焼きとは違い、生地とスープの出汁にはうどんのスープを使っていますので、明石風としています。子どもから大人まで、人気のメニューなんですよ」。
 兼広では、人気のたこたまをアレンジした「たこたまグラタン」や「たこたまフライ」などもメニューに加えられている。
 これからも、様々にアレンジされる兼広のたこたま料理が楽しみである。

お食事処・居酒屋 兼広

滋賀県彦根市八坂町2061-26 八坂北町バス停前
TEL: 0749-24-5646
12:00〜14:00、18:00〜23:00(22:00 L.O.)
毎週水曜日のランチタイムと毎月第2水曜日休

たこたま明石風560円、たこたまグラタン600円、たこたまフライ600円(たこたま料理はすべてディナータイムのメニューです)

店舗等の情報は取材時のものですので、お訪ねになる前にご確認ください。

水源

DADA Journal 内の関連記事
スポンサーリンク
関連キーワード
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - たこたま明石風……?
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif