一年で一度だけの風景がある
嬉しいのだか
悲しいのだか
相変わらずの日常を確かめることになる

新着記事