淡海の妖怪

高宮寺・天狗の三本杉

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 彦根市 2018年8月8日更新

 『犬上郡誌・高宮町史』(昭和61年発行 / 犬上郡誌 明治14年刊・高宮町史 昭和33年刊 合本)という書籍がある。高宮寺(こうぐうじ)について調べることがあった。寺は中山道を東へ入った、かつての高宮城の近くに位置している。『高宮寺縁起』によれば、奈良時代に行基僧上と婆羅門僧上が、仏教応化のため当地に伽藍を建立して称讃院と号したのに始まる。天平文化が花開いた時代で、西暦でいえば700年代である。久寿2年(1155)に雷火により焼失。弘安2年(1279)、鎌倉時代中期、時宗の開祖一遍上人が高宮に立ち寄った際、北殿の高宮氏初代宗忠が、一遍の遺徳を仰いで一宇(いちう:一棟の建物)を建立した。高宮氏には2系統あった。鎌倉時代末に地頭として入部した紀州櫟(いちい)氏を祖とする高宮氏が北殿。将軍足利義持から6万貫を与えられて入部した六角氏頼の3男信高を祖とする高宮氏が南殿である。高宮城を居城としたのは南殿の高宮氏だ。
 天正元年(1573)には、高宮城落城に伴って伽藍を焼失。江戸時代に入り、徐々に寺観が整えられて今日に至っている。境内には、彦根藩4代井伊直興が寄進した石造の地蔵菩薩を安置した地蔵堂や、北殿の高宮氏を守護した五社明神社、南殿の高宮氏の墓所などがある。とにかく高宮寺は1200年を越える歴史がある。
 『犬上郡誌・高宮町誌』のグラビアに「高宮寺の三本杉」の写真があり、キャプションに「この梢(こずえ)に天狗がいたという」と記されていた。今まで何度となく参考にしてきた資料だったが、2018年初めて気づいた。何かの予兆だと思い早速出掛け、三本杉の写真を撮った。昭和30年代の写真と雰囲気は変わっている。代替わりしたのだろうが、広い境内の特別な場所という雰囲気が漂っていた。
 「梢」は、樹木の先の部分である。真夏の空にそびえる三本杉の梢に天狗の姿を見るのはそう難しくはないだろう……。
 天狗の伝承は淡海にも数多く語り継がれているが、町史に写真と共に記録されている特別な天狗として紹介しておきたい。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - 高宮寺・天狗の三本杉
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif