ソラミミ堂

邂逅するソラミミ堂24 もう、また来るは来ない

このエントリーをはてなブックマークに追加 2016年9月22日更新

 現を抜かすのは難しい。
 夢と現の追いかけっこであるわが人生は、いよいよ折り返し地点に差しかかった。
 このまま現に抜き去られるか、夢は現を抜かせるか。そんなことを思う歳になった。
 その洗礼というわけでもなかろうが、年改まってからこのかた、尊敬し敬愛する師友との死別が立て続けにあった。
 そこへ肉親の死に追い打ちされた。大好きだった祖母が亡くなった。いつかは、と想定していたつもりだけれど、さすがにこたえた。
 しかしこうなってみると、今度は俄然、お盆が楽しみなのであった。
 また、新たな命との出会いも、一方にはあった。知友に子が生まれ、僕はおじというものに、初めてなったりした。
 ゴールもスタートも、どちらも見えて、なるほどこれが中間地点からの眺めである。

Φ

 お盆を過ぎて早々の三日間を四十人あまりの学生とともに、鈴鹿の山里で過ごした。
 山村で地域に根差して生きる人びととそのくらし、文化と歴史、あるいは苦労や悩みにじかにふれて学ぶ、臨地学習の引率指導である。
 指導といっても、実際は課題を与えて地域の中へ「放牧」するのである。学生たちは地域を歩き、そこに生きる人びとと出会って、そして自分で育って帰ってくる。その意味で、地域は教育の偉大な「まきば」である。
 だから僕の出る幕は無いようなものだが、ただ、学生にいつも訓告していることはある。
 出会った人びとと交わした「小さな約束」をこそ必ず果たそう、ということ。どんな夢のある壮大な提案をするよりもまず、それは大切なことであるということ。
 「また来る」と君が言ったら、人びとは、それを信じて君を待っているということ。
 今度の臨地学習でも、そんな話をしていたのであったが、途中でいたたまれなくなり、口ごもってしまった。

Φ

 あの日に僕は「また来る」と言って病室を出たんだ。別のあの日は道端で握手しながら「また会おうな」と言ったんだ。
 いくつものあの日の小さな約束を、僕よ、お前は果たさなかった。

スポンサーリンク
関連キーワード
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - 邂逅するソラミミ堂24 もう、また来るは来ない
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif