AJITOでスープカレー初体験!

富良野スープカレー AJITO

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 彦根市 2011年9月19日更新

AJITOの店内

木戸晴基さん家族

彦根の水に合うよう改良したというスープカレー

 彦根の四番町スクエアに7月末オープンした「AJITO」は、界隈では珍しいスープカレーの専門店だ。数年前にブームになった北海道発祥の料理だが、食べたことはなかった。カレーのルーを薄めた感じなのかなあと想像していた。
 「カレーの香りはしますが、さらっとしたスパイスのスープです。普通のカレーと決定的に違うのは、油を使っていないこと。とにかく一度食べてくださればわかります」
 ご主人の木戸晴基さん(42)と奥様の麻由美さん(44)が教えてくださった。AJITOは3人のお子さんも手伝うアットホームなお店だ。
 晴基さんが北海道を愛するあまり木戸家は5年前に富良野に移住。そこで縁あってスープカレーの有名店を引き継ぎ、晴基さんオリジナルの味を加えながらお店を営んでいたという。
 スパイスの詳細は企業秘密、クミンやコリアンダー、カルダモンなどカレーと共通するものが多いそうだ。
 「26種類のスパイスを使って一晩寝かせて作るペーストと、1日かけて仕込む鶏がらスープを合わせ、さらに一晩寝かせ、3日かけてスープカレーのベースを仕込みます。どこかで不具合があると、さらさらでコクのある味にはなりません。上手くできない日は店を休んでしまいますね」晴基さんは自分が納得する味を出すまで譲らない人である。
 彦根で富良野の味を出そうとしても、水が違うため納得のいくスープカレーにはならなかった。彦根の水に合うよう改良を加え、現在のAJITOの味を完成させたという。またスープカレーの特徴といえばトッピングされた野菜だが、一部はわざわざ富良野から取り寄せている。
 「アスパラガスなど富良野の夏野菜のおいしさは格別ですが、こちらの野菜にはまた別のよさがあります。白菜やナス、大根などを使ってみましたが、いい味が出ます」
 さて、いよいよスープカレー初体験。漂う香りはカレーだが、食べると全くカレーとは違っていた。

 ところでスープカレーはご飯とセットで出てくる。スープはご飯にかけるのか、ご飯をスープに投入するのか……。
 「特に決まりはないですが、ご飯をスプーンに載せ、スープに浸して食べていただくのがおすすめです」
 スープカレーの創始者は元々薬膳スープを作ることが目的だったと教えていただいた。納得である。

 

富良野スープカレー AJITO

滋賀県彦根市本町1-11-1 2階 / TEL: 0749-22-7787
営業時間 11:00〜21:00 / 定休日 月曜・第2、4火曜日

スープカレーはチキン、野菜&野菜、彩り野菜の鶏ハンバーグ、鶏つくね(各880円)、ソーセージ(980円)、船乗り風海鮮スープカレー(1080円)、AJITO風スペシャル(1380円)、AJITO風グリーンカレー(880円)がある。ライス大盛り無料。ゆで玉子やチーズなどのトッピング追加もできる。ソフトドリンク300円〜。

店舗等の情報は取材時のものですので、お訪ねになる前にご確認ください。

椰子

DADA Journal 内の関連記事
スポンサーリンク
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - AJITOでスープカレー初体験!
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif