シフォンケーキ×整体

元張りまスイーツ 詩音

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 彦根市 2010年1月29日更新

「元張りまスイーツ 詩音」のショーケース

 彦根の銀座界隈を歩いていた時、1階が整体院、2階がシフォンケーキを販売しているお店があった。看板が実にユニークだった。
『インフル遠茶(緑茶・さつまいも)…インフルエンザ対策に! ウィルスを遠ざけましょう』と書かれている。ケーキの名前が「インフル遠茶」、「インフルエンザ」と語呂を合わせ、素材に緑茶とさつまいもを使っているのだと理解した。『活気ある俺ん家(柿・オレンジ)…だいだい的に活気ある血液循環を演出』ともある。「活気」は柿、「俺ん家」はオレンジだろう。素材の組み合わせもネーミングもかなり意表をついている。
 店名も「元張りまスイーツ 詩音」。「詩音」は、愛荘町の磁気整体院「元張屋」のスイーツ部門だ。

ユニークな名前のシフォンケーキ

 店長は小倉有美子さん。栄養士だった小倉さんは整体院に通院していたのが縁で、「詩音」のシフォンケーキを焼くようになったのだという。「インフルエンザが流行っていれば予防に役立つカテキンを多く含む緑茶をといった具合に、食べ物からも健康になっていただければと整体スタッフが食材を選びます。食材を2種組み合わせるのは相乗効果を期待してのものです。ネーミングはせっかくなら、楽しく元気になっていただきたいと思って…」と小倉さんは話す。ネーミングもスタッフの方が考えるそうだ。そして、組み合わせた食材を美味しいシフォンケーキに仕立てるのは、小倉さんのセンスである。
 ケーキの種類は1ヶ月単位で変わり、常時5〜6種類が揃う。山芋とコーヒーという組み合わせもある。意外な組み合わせほど、楽しくなってくる。
 また、ネーミングを来店者からも募集している。当選すればその名前でケーキが販売されることになる。ネーミングは、なかなか難しく、脳細胞の活性化にも役立ちそうだ。おいしく楽しく健康食材を、が元張りまスイーツなのである。

元張りまスイーツ 詩音

彦根市銀座町2-31 元張屋2階 / TEL: 080-5312-6639
営業時間 10:00〜19:00 / 第2日曜定休・他に不定休あり

シフォンケーキ200円〜 / ホールでの注文も可

店舗等の情報は取材時のものですので、お訪ねになる前にご確認ください。

椰子

DADA Journal 内の関連記事
スポンサーリンク
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - シフォンケーキ×整体
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif