日本の心を伝えるワークショップ&カフェ

ワークショップ&カフェ 和結

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 彦根市 2016年1月15日更新

 彦根市本町、キャッスルロードから少し入った古い街並みが残る路地沿いに築120年の町家を改装したカフェがオープンした。ワークショップとカフェという一風変わった組み合わせのこのカフェ「和結(わゆ)」は、華道翠香流の4代目となる御代麻理子さんが営む。
 入り口を入ってすぐの土間にカフェスペースがあり、さらに奥の座敷にもテーブルが並ぶ。座敷からは中庭が見える。ここで生け花はもちろん、筆文字や食育、フラワーアレンジメントなどの講座が受けられるようになっている。
 華道家の両親の間に生まれた御代さんは、物心ついたときにはすでに華道が身近にあった。まだ小学校に上がる前から、稽古をしている部屋の隅に座っていたことを今でもよく覚えているそうだ。そうしていつしか自身も本格的に稽古をはじめ、大学を出てからはカルチャースクールの講師として教えるようになった。10年ほど前からは、ブライダル方面のフラワーアレンジメントにも進出。さらにフランスのフラワーアレンジメントの国家資格であるDAFAを取得するなど、日本伝統の華道だけにとどまらない活動を続けてきた。また、中学生の子を持つ母親として食への関心から食育について学んだり、筆文字や九星気学を学ぶなど花以外の分野にも挑戦してきた。そんな御代さんがこれまで学んできたことを今度は他のひとに伝えていきたい、そして、せっかくなら古い日本家屋でゆっくり寛いでもらいたいという思いが結実したのがこの和結なのだ。

御代麻理子さん

 カフェメニューは、抹茶オーレやほうじ茶オーレ、コーヒーなどの飲み物に、チョコバナナやキャラメルのパンケーキ、マフィンやシナモンロールなど。食育を学んだ経験から、どれも材料にこだわり厳選したものを使っている。
「華道に限らず、茶道、書道、柔道、剣道など道のつくものは、ただ単に技術を習うのではなく学ぶことによって人間形成を促すもの。日本人は昔からそうして作法や所作とともに心の部分も磨いてきました。現代人が忘れかけた日本の心を取り戻し、後世に伝えていけたらと思っています」と話す御代さん。もちろん、日本人だけでなく最近増加する海外からの観光客にも日本の文化に触れてほしいという思いもある。
 まずは、気軽にカフェから、そして、興味のあるワークショップに参加してみるというのもいいかもしれない。

ワークショップ&カフェ 和結

滋賀県彦根市本町2-2-13 / TEL: 080-5349-2238
営業時間 11:00〜18:00(L.O.17:00) 火曜定休

カフェ
抹茶オーレ 550円、ほうじ茶オーレ 550円、コーヒー 420円〜、パンケーキ各種 880円、しなもんあんこロール 380円など

ワークショップ
生け花講座、子供生け花礼法講座、伝筆(つてふで)講座、食育講座、酵素ジュース講座、九星気学講座、フラワーアレンジ&プリザーブドフラワー講座、お茶の飲み方・お花の体験など
月1回〜、第1・第3週の木・金・土の午後2時以降でご希望の日・時間に合わせて開講

店舗等の情報は取材時のものですので、お訪ねになる前にご確認ください。

はじめ

スポンサーリンク
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - 日本の心を伝えるワークショップ&カフェ
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif