ポポポ食堂のごはん

  • 2014年4月25日

    おかか味噌

     和食の基本となる「だし」。子どもが生まれて離乳食を始めて以来、毎日まじめに昆布とかつおのあわせだしをとっています。乳児の頃の食事は味覚形成に大きく影響すると言われているし、きちんと「だし」の味のわかる大人になってほしいから、これだけは手を抜かないようにしています。  だしがらをしぼって冷凍庫に保存し、何回分かをまとめ... 続きを読む

  • 2013年12月20日

    ポトフ

     師走に入りました。いつも以上にせわしない月ですが、もしも時間を見つけたら、ポトフを作ってみませんか。煮込んだ具材はもちろん、スープが本当に滋味深く、体の芯まで温めてくれます。ポイントは1つだけ、とろ火で焦らずゆっくり煮続けること。そうすることで、旨味のある澄んだスープに仕上ります。「時間がない、もっと早く」とつい何で... 続きを読む

  • 2013年11月22日

    きのこペースト

     朝食はご飯派? パン派? 私は子どもの頃からずーっとパン。淹れたてのコーヒー、トースターから漂うパンの香り…たまりません。そんな私に思いがけない一言が。  「朝食はご飯とみそ汁」子どもの保育所便りに大きく書かれていました。バランスよし腹持ちよし!うん、よくわかる、わかるけど…じゃあパン食もバランスよくすればいいじゃな... 続きを読む

  • 2013年10月25日

    カボチャときのこのスパゲッティ

     先日仕事で北海道を訪れました。ゆるやかな丘陵地が続き、牧草地では牛がのんびり散歩、朝晩は冷え込むけれど日中はさわやかなお天気、まるでヨーロッパにいるような気分でした。農作物も然り、関西ではあまりお目にかからない野菜がたくさんありましたが、ひときわ目を引いたのがオレンジ色の大きなカボチャです。これは観賞用の品種ですが、... 続きを読む

  • 2013年9月20日

    ザク切りキャベツ焼き

     夏野菜もそろそろ名残の時期、秋野菜の登場まで野菜は端境期に入ります。そんなときの我が家のお助け野菜は「キャベツ」。もちろんキャベツにも旬はありますが、品種や産地によって時期がずれるので、年間を通して手に入れやすい野菜です。  サラダや炒め物はもちろんですが、ほったらかし調理ができる焼きキャベツはおすすめ!ザク切りキャ... 続きを読む

  • 2013年8月21日

    キュウリと豚肉の味噌炒め

     先日知り合いの方からたくさんのキュウリをいただいたのですが、ちょうどスーパーでまとめて買ったばかり、いくらキュウリ好きでも夫婦2人で30本を消費するのは至難の業…そんな時ふと、仕事仲間の「キュウリは炒めてもうまい」という言葉を思い出しました。  早速豚肉と炒めてみたら、シャキシャキしてイケる!それにたくさん食べられる... 続きを読む

  • 2013年6月21日

    塩麹ハンバーグ

     豚カツ、オムライス、お好み焼き、ハンバーグ、ケーキ、アイスクリーム…こってり大好き…それは置いといて、この食べ物に共通するもの、それは卵です。息子の肌荒れが治らずにいた時、保育所の先生から、授乳中はアレルギー性の強い卵を抜くことを勧められたのですが、そこで初めて、こんなにも卵を使った料理を食べていたことに気づきました... 続きを読む

  • 2013年5月24日

    イリコの天ぷら

     先日、実家で食事をしていた時のことです。母が「結婚してお父さんの実家で初めて出された時は驚いた」と言って口にしたのが、イリコ(煮干し)の天ぷらです。  父は香川県の出身で、讃岐うどんのだしといえばイリコ、本来はそのだしがらを天ぷらにするそうです。以来母はイリコの天ぷらを作るようになり、私にとっては幼い頃から慣れ親しん... 続きを読む

  • 2013年4月26日

    春キャベツのサッと煮

     新学期が始まりました。我が息子は今月無事保育所デビューを果たし、私もやっと仕事を再開です。料理もいつどれだけ時間が取れるかは息子次第。寝たかな、と思ったら台所にダッシュ!の毎日です。  凝った料理ができない分、せめておかずは何品か揃えようと時短料理を研究中ですが、その中で重宝するのが、母から教わった野菜のサッと煮です... 続きを読む

  • 2012年12月19日

    カボチャのリゾット

     イタリアと出会って早15年…それ以来毎年のように訪れています。そこまで惹かれる理由はもちろん料理にあるのですが、イタリア料理の中で何が一番好き?と聞かれると、正直一つにはしぼれません。お肉たっぷりミートソース、魚介の旨味とトマトの酸味が絶妙なリゾット、もちもち感がたまらないナポリピザ…でも結局一番心に残っているのは、... 続きを読む

  • 2012年11月23日

    切干大根のさっぱり和え

     この夏、約2年ぶりにイタリアを訪れました。オリーブ油たっぷり、盛りも豪快ないつものイタリア料理を思う存分楽しんだのですが、その一方でマカロンやドーナツが流行っていたり、都市部ではSUSHIバーが急増していたり…イタリアの食の変化、そして何より私自身が、あのたっぷり豪快イタリア料理にギブアップしそうになったという(年齢... 続きを読む

  • 2012年10月26日

    鮭と舞茸のチャーハン

    秋の香り……キンモクセイの香りが漂いだすと、秋が来たなぁと感じます。この時期に香る食べ物といえばきのこの王様「松茸」ですが、手軽な値段で買える外国産は増えたものの、なかなか手の届きにくい存在です。香り松茸味しめじ、と言いますが、このしめじは「ほんしめじ」のことで、残念ながらスーパーで売っている「しめじ」とは別物です。け... 続きを読む

  • 2012年9月21日

    バジルペースト

     残暑の厳しい毎日が続きますが、9月という言葉の響きだけでも、秋に近づいた感じがします。今年はプランター栽培したバジルがとても元気で、例年以上の収穫ができました。以前よりもずいぶん身近になった食材のひとつですが、増えすぎても使い道に困りますよね。バジルはシソ科のハーブなので、冷奴や和え物など、シソの代わりの薬味としても... 続きを読む

  • 2012年8月24日

    そうめん入り冷製トウモロコシスープ

     離れた土地に暮らす友人から、先日うれしい&おいしい贈り物が届きました。箱の中身は、動物性食品を用いない、素材にこだわったクッキーやタルトで、食にこだわりのある彼女らしいセレクトです。私はベジタリアンではないので、バターや卵を使ったお菓子も大好きですが、いただいたお菓子の自然な甘さと優しい口当たりは、動物性食品の代わり... 続きを読む

  • 2012年7月18日

    夏野菜のタルティーヌ

     本格的な夏の到来です。野菜の季節感が薄れてきているとは言え、この時期の青果店の軒先は、鮮やかな赤、黄、といったビタミンカラーの野菜で彩られます。夏野菜を使ったイタリア料理の定番はカポナータ(フランスではラタトゥイユ)で、とってもおいしいのですが、トマト煮込みなのでどうしても全体がトマト一色になってしまいます。もちろん... 続きを読む

  • 2012年6月22日

    料理と器(とんかつ)

     自宅でレシピ作成の仕事をするようになってから、我が家にはずいぶんと器が増えました。私の得意分野はイタリアンなので、選ぶ器は白のツルツルした磁器が多いのですが、最近ちょっとしたご縁でいただいたのがその正反対、黒泥の九寸皿です。マットな質感で、フォークとナイフを使えばガリガリいやな音を立てるし、厄介なやつがやってきたなぁ... 続きを読む