gatto no gateau

Vol. 52 苺のパリブレスト

このエントリーをはてなブックマークに追加 2012年12月24日更新

今回はクリスマスのリース風に仕立てた苺のパリブレストをご紹介します。
中に入れるカスタードクリームは電子レンジを使えば手軽に作れます。材料の温度や電子レンジによって加熱時間がかわってくるので30秒ずつ加熱しながら様子をみて調節してください。クリームは冷めると少しかたくなるのでゆるめの状態で仕上げるのがポイントです。シュー生地にアーモンドダイスやアーモンドスライスをトッピングすると仕上がりが華やかです。クリスマスリースをイメージして楽しくデコレーションしましょう。

材料 15cm 1台分

【シュー生地】 水 100cc / 無塩バター 45g / 砂糖 2g / 塩 1g / 薄力粉 60g / 卵 2個 【カスタード】 卵黄 2個 / 薄力粉 10g / 牛乳 200cc / 砂糖 15g / 無塩バター 5g / バニラエッセンス 少々 【仕上げ】 生クリーム 150cc / 砂糖 10g / 苺  6個 / 粉糖 少々

準備

  • バターと卵は室温にもどしておく。
  • オーブンは200度に温めておく。
  • シュー生地の薄力粉をふるっておく。
  • 生クリームと砂糖は合わせて角がたつくらい泡立てておく。
  • 苺は縦半分に切っておく。

作り方

  1. シュー生地を作る。鍋に水、バター、砂糖、塩を入れ火にかけ沸騰させたら火をとめ、ふるった薄力粉を一度に加えて木べらで混ぜる。
  2. 再度火にかけ、表面がプルンとなってきたら火からおろし卵を加えていく(最初は卵の半量を加え混ぜ、次から少しずつ様子を見ながら加えては混ぜていく。時々生地を木べらでもちあげ落としきれいな逆三角形のかたちが垂れ残ればできあがり)。
  3. 丸口金をつけた絞り袋に生地を入れ、オーブンシートを敷いた鉄板に絞り出す。直径15cmのリングとその内側にもう一本、そして二本の溝を埋めるようにもう一本絞る。生地があまったら小さいシューも数個絞る。
  4. オーブンに入れ20〜30分焼く。途中焼き色がつき膨れてきたら170度に下げ乾かすように焼き上げる。
  5. カスタードクリームを作る。耐熱のボウルに薄力粉と砂糖を入れ泡立て器で混ぜ卵黄を加え混ぜる。人肌に温めた牛乳も加えよく混ぜざるで濾す。
  6. ラップをして電子レンジで1分半(700W)加熱して全体を混ぜ、更に1分半レンジにかけて取り出しバターを加え溶かす。バニラエッセンスも加える。
  7. カスタードクリームにふれるようにぴったりラップし冷蔵庫で冷やす。
  8. 冷やしたカスタードを半分に切り分けたシューに詰める。その上に苺をのせ、空いた隙間に生クリームを絞っていく。
  9. シュー皮で蓋をして粉糖をふりかけて仕上げる。リングの中心に小さいシューを入れて飾ってもよい。

gatto プロフィール

1979年彦根生まれ彦根育ち。
彦根市銀座町に念願の店舗「季節のお菓子とおやつ gatto」をオープン。夫と息子と娘、猫のうりとの5人暮らし。

http://gattonogateau.com/

スポンサーリンク
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - 苺のパリブレスト
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif