政所

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 東近江市 2017年5月29日更新

 政所の茶摘みは独特だった。手摘みのお茶は大抵「一芯二葉」、芯とその下の2枚の葉を摘む。政所の茶摘みは「しごき摘み」という。この春に伸びた新芽をすべてしごいて摘んでいく。谷に散在する小さな茶畑で収穫される茶が政所茶である。考えれば当然なのだが、茶畑ごとで風味も味わいも違うそうだ。ヨーロッパの「ワイナリーのようだ」と表現する人もいる。葡萄畑ごとに独特のワインが生まれるのに似ているというのだ。なるほど……、政所茶の通になれば、あの谷のあの茶畑の茶はと、ソムリエを気取ることもできるわけだ。
 茶摘みは朝が早い。一旦眠ると起きるのが面倒だから前日からの続きで出かける。黒く塗りつぶされた山肌が明けてゆく様子は美しかった。政所茶の歴史も興味深い。井伊家とも関係があり、今年は奥永源寺がマイブームになりそうだ。
 知れば知るほど、専門家と話せば話すほど、面白くなる。と同時に自分の無知が情けない。フロンティアは見えず底も抜けているようである。

小太郎

スポンサーリンク
関連キーワード
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - 政所
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif