千年菩提樹

百済寺

このエントリーをはてなブックマークに追加 地域: 東近江市 2015年7月1日更新

本坊横の菩提樹

 先日、百済寺を訪れる機会があった。百済寺の山号は「釈迦山」。釈迦の名をいただく唯一の寺である。推古14年(606)、聖徳太子により創建されたと伝わる。本尊は十一面観世音菩薩、湖東三山の最も南に位置している。
 本坊横に満開の菩提樹があった。中学生の頃から何度も訪れたことのあるお寺だが、菩提樹の花にであったのは初めてだった。桐や椎、栴檀(センダン)にしても、樹は花が咲かないとそれと判らないのが何とも情けない。菩提樹は見事で芳香が今も記憶に残っている。

千年菩提樹

 「千年菩提樹」は、本坊から参道を200メートルほど登った本堂横にある。周囲5メートル。直径1.6メートル。訪れたときはまだ五分咲きくらいだったが、7月初旬には満開のことだろう。
 「千年菩提樹」は天正元年4月7日の織田信長の焼き討ちを生き延びている。幹は焼けたが根までは及ばず、再び甦ったのだ。中央に80センチほどの空洞がある。焼き討ち当時の幹の直径に相当するのだという。
 今度は千年菩提樹の芳香に包まれたいと思っている。

3百済寺

滋賀県東近江市百済寺町323
TEL: 0749-46-1036

店舗等の情報は取材時のものですので、お訪ねになる前にご確認ください。

風伯

スポンサーリンク
関連キーワード
ブックマーク
  • この記事をはてなブックマークする はてなブックマーク - 千年菩提樹
  • この記事をLivedoor クリップ!
  • この記事をBuzzurlにブックマークこの記事をBuzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • delicious.gif